マンション管理費滞納など ~ マンション無料法律相談室

弁護士、マンション管理士によるマンション管理問題無料法律相談室

  マンション管理費滞納など    ~ マンション無料法律相談室のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 当事務所の解決事例 > 当事務所の解決事例①  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当事務所の解決事例①

2017 - 04/05 [Wed] - 17:13

当事務所の解決事例をご紹介します。

1 事案

  東久留米市のマンション。管理費滞納は約2年、総額約26万円
  管理組合が何度も支払いを督促するが居留守などで支払わず。

2 訴訟提起

  滞納管理費等、遅延損害金、弁護士費用約30万円を請求しました。

  被告は裁判に出廷し、分割払いを希望しましたが、組合様側は信用できないとして判決を求めました。

  → 結果、滞納管理費等及び弁護士費用などをあわせて約56万円を支払えとの判決が出ました。

3 競売申立準備

  組合様側は、滞納者の普段の素行も極めて問題があったことから、判決をもとに競売を申立て、滞納者の区分所有マンションを競売により売却し、所有者を変えることをご希望でしたので、競売申立の準備をしていました。

4 滞納者からの和解の申し入れ

  競売の準備中に、滞納者から遅延損害金や弁護士費用も含めて全額払うとの申し出があり、合計で60万円ほどを一括で支払わせました。

 ここから、滞納管理費全額、遅延損害金全額、裁判費用、弁護士費用をそれぞれ取得しました。

 結局、組合様側は、滞納管理費等を全額回収し、また、弁護士費用も滞納者から取り立てましたので、組合様側に持ち出しは一切なかったことになります

5 ポイント

  この事案は、滞納者の区分所有マンションがオーバーローンでなかったことが大きいです。すなわち、抵当権としてつけられている住宅ローンなどの残債務がマンションの売却価格よりも大きいと、仮に競売申し立てをしても売却代金は全て住宅ローン債権者に行ってしまい、組合様にはお金が入ってこない場合があります。このように申立人に配当が見込めない事案は、競売が許されないことがあります(無剰余取消)。

 しかし、本件は、いくらが余剰がありましたので、滞納者が自発的に支払いをしなかった場合は、競売が認められる事案でした。そこで、競売をされてはかなわないということで、弁護士費用も含めて、滞納者は自発的に支払ってきたのです。

 ちなみに、その後、この滞納者は、自分でマンションを売って出ていきましたので、結果的に組合様のご希望通りになったことになります。


  このようなマンション管理費滞納問題について、多数取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

  初回相談は2時間まで無料です。

http://elpislaw.com

詳しくは  こちら
 



スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

エルピス総合法律事務所

Author:エルピス総合法律事務所
弁護士、マンション管理士、宅地建物取引士
〒104-0041
東京都中央区新富2-14-5
VESTAビル8階
tel:03-6228-3391 fax:03-3552-3375
e-mail:soudan@elpislaw.com
http://elpislaw.com
初回2時間まで無料法律相談実施中 

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。